尼崎ゆかりの抽象画家

白髪一雄記念室

記念室の展示記録(これまでの展示一覧)
最新の展示内容

第15回展示「没後5年 白髪富士子 前衛美術家としての足跡」


(2020年06月06日~2020年09月13日)

《無題》 1960年 個人蔵
 アクション・ペインター白髪一雄の妻・富士子の没後5年にあたる節目として、若き日の数年間に前衛美術家として活躍した富士子の作品をご紹介します。
 白髪富士子は1928年、大阪市に生まれ、大阪市立大手前高等女学校を卒業後、20歳で白髪一雄と結婚。一雄の絵画制作を間近に見るうちに自身も創作に目覚め、作品制作を始めます。1955年に一雄とともに前衛美術グループ具体美術協会に入会し、具体美術展や芦屋市展を発表の場として本格的に制作発表を行っていました。
 しかし、一雄の評価が高まり活動が多忙となったことから、1961年に自らの創作活動に終止符を打ち、以降は一雄の創作活動を二人三脚で支え続けました。白髪一雄が世界のアクション・ぺインターとして成功したことを考えるとき、一雄の才能を信じて共に歩んだ富士子の存在を抜きに語ることはできないでしょう。
 数年間ではありましたが、前衛美術家として才能を発揮した白髪富士子の若き日の貴重な作品と資料をあわせて公開します。

《無題》1955年頃

白髪富士子 制作風景 1960年頃

 

休室:毎週火曜日

 

展示解説

担当学芸員による展示作品の解説を行います。

[日 時]  ※中止5月23日(土)、6月27日(土)、7月25日(土)、8月22日(土) いずれも14:00~

[場 所] 白髪一雄記念室

[定 員] 各日10名

[参加費] 無料(白髪一雄記念室の当日券が必要です。)

[申込み] 不要(当日、直接会場へお越しください。)