展示内容

現在の展示内容

白髪一雄記念室 第12回展示「中国への憧れ」

(2018年10月06日~2019年03月17日)

《太丞》 1979年

白髪一雄は素足で描くダイナミックなアクション・ペインティングで知られています。しかし、その独自性は描き方だけではありません。白髪が抽象画家として長い画歴の中で大切にしてきたことは、自身の関心や興味が絵に直接的にあらわれることから、様々なものに関心をもち、日々内面を磨き深めることでした。白髪は日本の伝統文化に造詣が深く、日本刀、浮世絵版画、歌舞伎、能狂言、桃山時代の障壁画等を好み、作品にもその影響が見られますが、一方で、壮大な歴史と風土をもつ中国にも強い憧れを抱いていました。中でも特に白髪が少年時代から敬愛していたのは宋の時代を題材とした物語『水滸伝』です。この物語に登場する個性あふれる豪傑たちの名を冠した「水滸伝豪傑シリーズ」は、白髪のアクション・ペインティングの代表作として高く評価されています。この他、白髪の作品には中国の歴史に登場する人物や地名などの題名が多く、「中国歴史シリーズ」とよばれる一連の作品があります。また、白髪は古来より中国で尊ばれた文房四宝(筆、墨、硯、紙)の中でも特に重んじられた硯を蒐集し、墨画にも親しんでいました。
この度の展示では、特に中国の歴史や芸術文化の影響が感じられる作品を中心にご紹介します

※10月より毎週火曜日は休室いたします。
※10月26日~11月2日の間、臨時休室いたします。

 

 

中国戦國七強シリーズ
1993年
 
 
《魏》

 
  《趙》

 
 
《燕》
 
  《楚》
 
 
《斉》
 
  《秦》
 
   
《韓》
 
   

 

没後10年 白髪一雄 水滸伝 豪傑シリーズ
-アクション・ペインティングによる豪放の世界-

2018年11月10日(土)~12月16日(日) 尼崎市総合文化センター 5階 美術ホール
[
詳 細 ]

 

次回予告

過去の展示内容